TOP LIVE JAZZ BBS LINK MAIL




葱焼倶楽部
ねぎくら
078-351-1166
神戸市中央区多聞通4−1−1
歩8番館B1F
営業時間
11:00〜15:00ごろ
17:30〜24:00ごろ
休業日月曜日
昼・
夜はライブのみ
営業しています。
 

  





 

ウォターベリー     アンソニア
  
          
 
        


     fd 取材記事 2007 12月

エル・アイ(エル・マガジン)取材記事2008 春 


        2004.2.18
               KANSAI一週間
                      取材記事



    
  コース・セット(2人から1人2,000円)・・・要予約
       TEL 078−351−1166 田中まで
前菜
チキンガーリック・豚生姜焼き等
盛り合わせ

季節野菜のサラダ
または豆腐サラダ

   旬菜・海鮮炒め
焼き物
   お好み焼き
        ねぎやき
        そばめし

    アイスクリーム又はフルーツ        
  ねぎやき お好み焼きは
           negikuraで!
宴会やるならやっぱり”ねぎくら”
10名 〜 20名位迄の貸し切りOK!
飲み放題・・・1500円・・・90分 
とっぴんぐ一品100えん
   おもち にんにく ねぎ カレー味
   
そば焼き ぶた       600えん
うどん焼き いか       600えん
すじ       700えん 
いかぶた    700えん
でらっくす    1000えん
そばめし ぶた       650えん
すじ       750えん
えび        750えん
おむそば  +150えん
もだんやき +150えん


お得なランチサービスメニュー(15時まで)
一品料理
各種お飲み物も御用意しています
お好み焼き店でジャズ、ライブも 神戸・中央区
お好み焼きをつまみながらライブを―という、ちょっと異質な取り合わせが受けている。音楽好きの店長はふだん、店でジャズを流しているが、四月には念願のライブを実現。長引く不況で演奏活動の機会が減っている音楽家の間にも「ライブができるお好み焼き屋さん」の存在が伝わり、問い合わせも入り始めている。店長は「今後も最低月一回はライブをしたい」と、夢に向かって突き進んでいる。(西海恵都子) 2002/05/18 神戸新聞

お好み焼きを食べながら
神戸市中央区多聞通の「葱(ねぎ)焼倶楽部」。田中店長(49)が2001年11月に開店した。  それまでオーディオの会社に勤めていた。リストラで東京転勤を迫られたのをきっかけに退職。ジャズ喫茶を開きたかったが、経営的に難しいだろうとあきらめ、食べ歩きで舌に自信のあったお好み焼き屋に決めた。













   2002/05/18 神戸新聞
ジャズ喫茶は断念したものの、「ゆっくりジャズを聞いてもらう店」にはこだわった。壁は焦げ茶色の杉板で統一するなど落ち着いた雰囲気に。席にはあえて鉄板を設けず、田中さんが焼いたお好み焼きやねぎ焼きを鉄板皿でテーブルに出す。「鉄板が目の前にあると熱いし長居しにくい」というのが理由だ。  店の常連の橋渡しで、ライブが実現したのは四月。デキシージャズで、予想以上の盛況だった。客には出演者の知人もいたが、半数はチラシを見て足を運んだ人たち。「何とかやっていけそう」という感触が持てた。  「ライブの熱気はすごい。それをきっかけにいろんなお客さんに来てもらえるし、自分も楽しめる」と田中さん。五月は十日のスタンダードジャズに続き、二十五日にはフュージョンライブを予定。開催のぺースは上向いている。TEL078・351・1166